タワーマンションの固定資産税

タワーマンションの固定資産税の見直しがほぼ決定ということで、平成30年1月(2018年1月)からの実施で進んでいます。

このことから、20階以上のマンションでは高層階になればその分固定資産税が高くなります。

あと2年で固定資産税を多く払う制度に変わってしまします。

この情報から、今、タワーマンションを検討されている方は、来年から再来年の前半までに契約を進める方々が増えることでしょう。

その後は、20階以上のタワーマンションの建設も多少落ち着いてくるのではないでしょうか。

東京23区の場合は人気もあり、価格 8千万円前後の価格帯が一般的でしょう。

郊外に行くと、価格も5千万円前後の価格帯に価格変動があるようです。

どの程度、東京23区にこだわるかという点が予算と物件の見極めとなると思われます。

高層階の物件を希望の場合は、これからは多少価格が上昇傾向にあるかと予想されますが、固定資産税の永続的負担を会費することができると、割引購入をしたというような考え方もできると思います。

税改正で高層階商品は、高値の時期と思ったほうが良いかと思います。

そこで、多少郊外の物件を探すと、間取りのよい、価格抑えめの物件に出会えるチャンスもあると思います。

予算の価格帯の物件を土地を変えて探すことが賢明かと言えるでしょう。

阿佐ヶ谷の賃貸を探す前に知っておきたいこと

阿佐ヶ谷は駅周辺に商店街があり買い物をするのにすごく便利でしかも閑静な住宅街になっている地域が多いので落ち着いて生活を送る事が出来るメリットがあります。しかし阿佐ヶ谷に住むとデメリットになってしまう点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで阿佐ヶ谷の賃貸を探す前に阿佐ヶ谷に住むとデメリットになってしまう点を挙げていく事にしましょう。

・大型の施設が少ない
阿佐ヶ谷はスーパーや商店街は充実していますが、デパートや家電量販店など大型の施設が少ないのも特徴です。デパートや家電量販店で買い物をしたい時は新宿などの主要都市まで行かなければいけません。デパートや家電量販店で買い物をする事が多い人はデメリットに感じてしまう事があります。

・細かい道が多い
阿佐ヶ谷は全体的に細かい道が多いので歩いている時に車に注意しなければいけません。道を歩いている時に気を遣わなければいけないので面倒に感じてしまう人も多いです。

・休日は快速が止まらない
阿佐ヶ谷駅にはJR中央線が乗り入れていて平日は快速も停車するのですごく便利です。しかし休日になると阿佐ヶ谷駅は快速が止まらないので休日にプライベートなどで出かける事が多い人はデメリットに感じてしまいます。それで阿佐ヶ谷ではなく快速が止まる駅周辺に住む人も多いです。